So-net無料ブログ作成
応援よろしくお願いします♪♪ ポチっとな! ブログランキング・にほんブログ村へ
[黒ハート][黒ハート]家電を新しく買うなら古い物は売ろう!中古家電買い取りサイトが便利[黒ハート][黒ハート]
まずは無料査定してみよう!驚く値段が付くかも知れませんよ
【買取専門店】家電高く売れるドットコム

小さな子供のスギ・ヒノキ花粉症アレルギー人数が増加 [家電徒然日記]

ある新聞にこのような記事が書かれていました。
『スギ・ヒノキの花粉症を発症する子供が増えている!』


子供の花粉症発症数が増加傾向に.png


実は、子供達のスギ・ヒノキの花粉症発症人数は
年々増加しているのだけれど、
実際には子供さんがクシャミをしたり鼻水を流していたりしてても
その症状を風邪だとご両親が判断されるケースが多く、
その症状が花粉症の影響だと認識されていないために
世間には増加していることが認知されていないのだそうです。




小さな子供が発症する花粉アレルギーの症状は
大人と同じようクシャミ・鼻水・目の痒みに加えて
鼻詰まりを訴えるケースが大人に比べて多いのだそうで
この鼻詰まりの症状により多くの親御さんが
風邪だと勘違いされてしまうらしいのです・・・





これまでは花粉症を発症するには
『ある一定期間アレルギー原因物質にさらされて引き起こされる』との考えから、
『ある程度成長してから発症する』このような考え方が主流でしたけど、
実際には小児期に発症している子供達が増えているとの見解を
日本医科大学多摩永山病院耳鼻咽喉科の先生が述られています。




そんな状況から先生は新聞記事の中で
保護者の皆さんには以下のようなことに注意をしてもらいたいと
警鐘を鳴らされていました。


小児アレルギーの対処.png




2月から5月にかけてのスギ&ヒノキ花粉飛散時期となる
3か月間は特にお子様の動向に注意をはらってもらい、
鼻をグズグズさせてたり目を痒がってたりと言う仕草を見かけたら
早目に耳鼻科でアレルギーの抗体検査を受けられて
適切な処置をされることを推奨されています。




小さなお子様は自分の症状や辛さを上手く伝えられないことから
アレルギーの発症に気付かないまま放置されてしまいがちなので
親御さんが注意深く気になさって下さい!!



たかが鼻炎と思われるかも知れませんが、
大人とは違って
小さな子供さんの場合他の疾患を誘発する危険性も高いので
原因物質の早期特定とその原因の排除が大切なのだそうです。















子供のアレルーギーを引き起こす3大原因の除去


小さなお子様でのアレルギー症状を引き起こす原因物質で多いのが
こちらの3つなのだそうです!




『花粉・ハウスダスト(埃やダニ)・ペット(犬や猫)の毛』




この3つのアレルギー原因物質を室内から除去することが
アレルギーの辛い症状を緩和させるのには1番有効なのだそうで、
『寝具やカーペットなどを細目に掃除してあげて、
 この時期は洗濯物は室内に干すようにし
 空気清浄機も積極的に使われるように!』
と言われてますよ。





このブログの記事にも
家の中での花粉症緩和に効果的な方法を紹介していますから
そちらの記事も読んでいただき
お子様にとって快適な生活空間を作ってあげて下さい。







タグ:花粉症
nice!(31)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 31

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。